2005年02月10日

ジーコの選手交代と強運

 ワールドカップアジア地区最終予選第1戦の北朝鮮戦。日本が普段通りの戦い方をしていれば、もっと楽に勝てたはずだ。小笠原のフリーキックで思いのほか早い時間帯で先取点を奪った時は一瞬、楽勝ムードが漂ったほどだ。

 しかし最終予選初戦のためか、どこか硬さが抜けない。2点目を奪えないまま、同点に追いつかれ(あれは川口のミス、ニアサイドのシュートもあり得るのに、クロスに山をかけてしまった)、難しい試合にしてしまった。「ふたを開けてみなければわからない」。これが最終予選の難しさだろうか。

 光ったのは、ジーコの選手交代だ。サッカーの監督はゲームが始まってしまえば、ハーフタイムの指示と、交代枠3人のカードをいつ、どのように切るかぐらいのことしかできない。それだけ交代枠の使い方は監督の能力次第なのだが、前任のトルシエもそうだったが、ジーコも、このカードの切り方があまり上手ではない。

 ところが北朝鮮戦ではそのタイミングが抜群だった。同点に追いつかれた直後に鈴木に代えて高原、田中に代えて中村を投入。ここまでは多くの人が予想しただろう。だがそれでも勝ち越しゴールを奪えないと見ると、3人目の大黒を、玉田に代えてピッチに送った。

 玉田が悪かったわけではない。むしろその強引なドリブル突破は、全般的に消極的な攻撃陣の中では、最もゴールの予感を感じさせる選手だった。確かにタイミングとしては3人目の選手を送るべき時間だったが、調子が良かった玉田に代えて、代表ではゴールがなく、そして中村、高原とほとんどプレーをした経験がない大黒を投入することは、ジーコにとっても一つの賭けだったはずだ。

 だが試合はその大黒がロスタイムにゴールを奪い、日本が2−1で辛勝した。ジーコの賭けは見事に的中したのだ。

 昨年のJリーグの日本人最多得点者なのだからこういう展開になって当然という見方もできるかも知れないが、やはり大黒の、そしてジーコの強運を感じる。スペインのマジョルカで、最初の試合に得点を決めて一気に認められた大久保のように、大事な試合で初得点を決めた大黒も代表での居場所を確保するだろう。

 アジアカップでの戦いといい、そして最終予選初戦での北朝鮮といい、ジーコの強運、勝負強さはどこからくるものなのだろう。選手時代はむしろ、その実力ほどには運には恵まれなかったジーコだが、少なくとも日本代表の監督になってからのジーコは、サッカーの神様が支配している運をたぐり寄せる「何か」を持っている。
posted by KH at 02:05| Comment(1) | TrackBack(5) | サッカー・スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月09日

大河ドラマとしてのワールドカップアジア最終予選

 中学生の頃からサッカーを見るようになって20数年。これまでで一番熱狂しながら見続けたゲーム(大会)が、8年前のワールドカップ(W杯)アジア最終予選だった。

 もちろん4年に1度のW杯本大会は華があって面白い。その中間年にあるユーロ(欧州選手権)はチーム数が少なく実力が伯仲しているだけに、W杯以上に好ゲームが目白押しだ。サッカーのレベルで言えば、チャンピオンズリーグの方がさらに上をいくだろう。

 だが日本人として、一番熱狂できるのは代表の試合だ。本大会は負けたとしても、どこかで納得してしまう部分もあるが、アジア予選こそは「勝たなければならない」大会だ。それだけに選手の受けるプレッシャーは大きく、予想外のことが起こり、修羅場にもなりうる。

 8年前のアジア最終予選では1ファンとして、ぬか喜びをし、打ちのめされ、諦め、また希望を持ち、最後には歓喜にふるえた。最終予選でホーム・アンド・アウェー方式が採用されたのはこの時が初めてで、2カ月以上も戦いが続いたことが、大河ドラマのような趣を感じさせる大きな要因になった。

 9/7の初戦カザフスタン戦はカズのゴールなどで大勝したものの、9/28のホームでの韓国戦で負けて本大会出場がピンチに。10/4、アウェーでのカザフスタン戦に引き分けた直後に加茂監督が解任、岡田コーチが監督に昇格した。

 それでも薄氷を踏むような闘いは続き、11/1のソウルでの韓国戦で2−0で勝利したことで、ようやく出場権獲得の可能性が出てきた。そして11/16、ジョホールバルでのイラン戦。岡野のゴールデン・ゴールで日本が勝った時には、「神様はかくも魅力的なシナリオを用意したものだ」とうめいてしまったほどだ。

 それから8年。また今晩からアジア最終予選が始まる。日本の実力アップと、アジアの出場枠拡大という二つの要因から考えれば、本大会出場の可能性は8年前と比べかなり高いだろう。

 だが、必ずや予想外のことは起こる。サッカーとはそういうものだし、それがあるからこそ奥深く、楽しいのだとも言える。そうした予想外のことを乗り越え、最後は歓喜に至る大河ドラマのような戦いを見たい――。それが1ファンとしての、望みである。
posted by KH at 03:58| Comment(0) | TrackBack(1) | サッカー・スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

希望格差社会と泥棒カンパニー

 山田昌弘著の『希望格差社会』(筑摩書房)を読んだ。論理展開が一部、我田引水に過ぎるし、データの扱いがいい加減だなと思うところもあった。が、それでもこの本は、今の日本社会の鋭い分析になり得ていると思う。

 これまでにも、日本社会の総中流意識が薄れ、経済格差や所得格差が広がっているという指摘は数多くあった。さまざまな局面で「勝ち組」と「負け組」という言葉が聞かれるようにもなった。ただ人々の持つ「希望」の「格差」が広がっていることを、これほど明確に指摘した本は、これまでになかったのではあるまいか。

 日本社会は、将来に希望がもてる人と絶望している人に分裂していくプロセスに入っているのではないか。これを私は、「希望格差社会」と名付けたい。一見、日本社会は、今でも経済的に豊かで平等な社会に見える。フリーターでさえ、車やブランド・バッグをもっている。しかし、豊かな生活の裏側で進行しているのが、希望格差の拡大なのである。
(はしがき――先が見えない時代に)


 実に暗い見通しだが、次のようなニュースを読むと、著者が言うような「希望」を持てなくなった若者が多数存在することを納得せざるを得ない。

 
自称「泥棒カンパニー」 窃盗容疑の少年ら3人逮捕
 東京都内や埼玉県で空き巣を繰り返したとして、警視庁は、東京都板橋区の無職少年(17)ら3人を窃盗の疑いで逮捕した、と7日発表した。遊び仲間の少年ら7人でグループを構成。自分たちで「泥棒カンパニー」と名付け、リーダー格の少年は「社長」と名乗り、残りの少年らを「社員」と呼んで統率。盗んだ金は風俗店などで使っていたという。同庁は、グループによる被害は都内と埼玉県内で計15件、総額3700万円にのぼるとみて調べている。

 「社長」の少年は、調べに対し「人に頭を下げて稼いでも、たかが知れている。働くことなんてバカバカしい。泥棒でこれだけ稼げるので、金を金と思わなくなった」などと話しているという。(後略)
朝日新聞 2005/02/07
http://www.asahi.com/national/update/0207/032.html


 こうした人たち=将来に絶望している人たちが増えていることを考えると、寒々しい気持ちになる。

 問題は、このような「希望格差社会」に対して我々は何ができるか、ということだろう。著者は第1章で、全9章のうち最終章で「私なりの対応策を示す」としている。

 だが9章でも多くのページを割いているのは、「リスク化し二極化する社会に対するには、ネオ・リベラリズム的な自由化論にも、ロバート・ライシュによってネオ・ラダイット(機械打ち壊し)運動と名付けられた統制経済への回帰にも問題がある。かといって個人で対処するには問題が大きすぎる」という主張である。

 著者の言う「私なりの対応策」はわずか最後の6ページに書かれているに過ぎない。そこで著者は「個人的対応への公共的支援」の必要性を強調するほか、それぞれの個人がコミュニケーション能力をつけることの重要性を説いている。

 確かにそれは重要だろうが、250ページあまりの中で対応策がわずか6ページ、しかも内容的にこれだけというのは、正直言って拍子抜けしてしまった。

 しかし簡単に対応策が描けない点に、この問題の深さが現れているとも言える。

 
posted by KH at 03:24| Comment(1) | TrackBack(4) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月06日

ライカールトとテン・カーテ

 リーガ・エスパニューラのバルセロナが昨シーズン、前半戦は極度に不振だったのが後半戦には見違えるようになった時、とて不思議な気がしたものだ。このチームの強さの源泉は何なのか? それが今ひとつ腑に落ちなかったからだ。

 確かに昨シーズンに加入したロナウジーニョは世界で最も華があるプレイヤーの1人だし、後半戦から加わったダービッツの力も認めるが、それだけではない新しさと強さを、昨シーズンのバルセロナには感じた。

 弱かった昨シーズン前半戦の試合をきちんと見ていないのでよくわからないのだが、僕が気がついた時には、バルセロナはスペインでは主流の4-2-3-1ではなく、4-3-3で戦っていた。

 4-2-3-1でも両サイドハーフがウィング的にフォワードに近いポジションを取れば4-3-3的になる。だがバルセロナの4-3-3はそれとは異なっていた。

 特徴的なのは中盤の構成で、当時はコクーがボランチというかフォアリベロ的に構え、その少し前方に右にシャビ、左にダービッツを置くという布陣で、そのフォーメーションが、僕にはとても新鮮に映った(ちなみにユーロ2004のオランダもバルセロナのシステムを踏襲して戦い、特にチェコ戦ではそのシステムが見事にはまり大会一の好ゲームになった)。

 しかも単にフォーメーションが新しいだけでなく、そのシステムを選手がよく理解していた。フォーメーションにしばられたチームは往々にして「ボールは回るが人は動かない」状態になってしまうが、バルセロナはプレスをしっかりとかけるだけでなく、ポジションチェンジを頻繁にして、しかもそれが破綻していなかった。

 今シーズンの開幕前、僕がバルセロナについて懸念したのは、あまりにも選手が変わったことだ。首脳陣からも、そしてたぶんファンからも信頼を失ったクライファートやフランク・デブールは仕方がないにしても、最終ラインもボランチもサイドバックもできるコクーや、昨シーズンの快進撃の立役者であるダービッツ、そして得点源のサビオラを放出してしまうのは、ちょっと理解ができなかった。

 ところが、ふたを開けてみると、バルセロナは昨シーズン以上に強くなっていた。フォーメーションは昨シーズン後半と一緒で、システムに対する選手の理解はさらに進んでいるように思えた。エトーやデコ、ジュリ、ベレッチなどレギュラー陣の多くが入れ替わっていることを考えると、そのシステムの理解力と使いこなし方は驚異的である。

 これは、どう考えても選手だけでなく、監督・コーチ陣が優れている、ということになる。だが、ユーロ2000でオランダ代表の監督を務めた時のライカールトには、どうしても「戦略家」や「知将」というイメージは感じられなかった。あの時のオランダはタレントはそろっているのに、チームとしての強さをあまり見せることができなかったからだ。

 それなのにバルセロナはなぜこんなに強くなったのか、というのが大きな疑問だったのだ。個々のタレントと戦術の融合という意味では、今のチームはクライフの監督時代をも上回るかもしれない。

 その疑問が氷結したのは、杉山茂樹によるSportiva2月号の「バルセロナの知恵袋 テン・カーテのインタビュー」と、NumberWebに掲載されていた「チャンピオンズリーグの真髄 第9回 プレッシングの流行」を読んでからだ。

 この二つの記事からわかることは、現在のバルセロナの戦術や戦い方は知恵袋のテン・カーテ助監督がいるからこそ、ということだ。オランダ人などは「現在もバルセロナは実質的にテン・カーテののチームと見ている」のだという。Sportivaに載ったテン・カーテの発言は、現在のサッカーの戦術を考える上でも、実に面白い。

 しかし、WOWOWでのバルセロナ戦の中継も含め、日本ではほとんどテン・カーテについて言及されることがない。まあ、それは仕方のないことなのかもしれない。ポルトを昨季のチャンピオンズリーグの優勝に導き、チェルシーに移ったモウリーニョ監督だって、ポルトが勝ち進むまでは、日本では注目もされていなかったのだから。

 それにしても、チャンピオンズリーグの準々決勝で、この当代切っての「華もあり高度な戦術も駆使する」チームであるバルセロナとチェルシーが対戦してしまうのは、とても惜しい気がする。いや一回きりで終わってしまう決勝よりも、名勝負が期待できる準々決勝の方がよかった、というべきなのだろうか。
posted by KH at 02:32| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー・スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

南国にも雪は降る(2月1日)

サイズ変更P1050452.JPG

 2月1日のことだが、全国的な大寒波襲来で高知県内にも雪が降った。四国も石鎚山など山沿いは1m近い積雪があるのだが、高知市内に6センチの降雪ががあったのは、なんと18年ぶりだという(写真は高知市内)。

 昨年は台風が5個も上陸するし、今年になったら雪は降るし、僕が高知に来てからというもの、自然の厳しさにさらされっぱなしだ。

 1日はプロ野球、オリックスのキャンプインの日。大変だったろうなあ……。

 ただ4日、5日と、昼間はとても暖かい。やはり南国の春の訪れは早いのかも知れない。
posted by KH at 01:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。