2005年03月20日

ひとりでいてもこわくないと思わせてくれる何か

 直木賞を受賞したから書いていると思われるかもしれないが、しばらく前から角田光代をきちっと読みたいなと思っていた。雑誌に載っていた彼女のエッセイが、とても印象的だったからだ(印象だけはあって、その割には掲載誌も内容も覚えていないので、自分でもあきれてしまうが)。

「ああ、この人は今の世の中をつかみ取る視点を持っているんだなあ」。そんなことを漠然と感じ、当時出たばかりの新潮文庫の『キッドナップツアー』を買った。この文庫は2003年の6月の出版なので、彼女の小説をきちんと読みたいと思ったのは2年近く前ということになる。

 結局、気になりつつも忙しさにかまけて読めずにいるうちに、彼女は直木賞を受賞。受賞後にようやく、受賞作の『対岸の彼女』(文藝春秋)を読んでみた。
 
 「女同士の友情」がテーマのこの小説には、2人の主人公がいる。30代、既婚、子持ちだが、娘と共に公園での人間関係をうまく築けないことを日々悩む小夜子と、独身、子なしで小さな旅行会社を経営する葵。

 2人は生活環境も性格も異なり、著者がタイトルにつけたように川の「対岸」にいるような関係だ。だが共通するのは彼女たちの周囲に閉塞感が漂うことだ。

 2人とも、とりたてて不幸なわけではない。だけれども小説前半で描かれる小夜子の今と、葵の高校時代を取り巻くのは、彼女たち自身の力ではどうしても逃れることのできない閉塞感だ。生活上のトラブル、こころない人々の悪意、家族の無理解――。

 こうした小さなことが積み重なり、彼女たちの閉塞感は増していく。その描き方がとてもリアルな故に、この小説は多くの人の共感を得るだろう。2年近く前にエッセイを読んだ時に感じた第一印象は、間違っていなかったと思った。

 だが決して「暗い」小説ではない。同年代でしかも同じ大学出身だということがわかった小夜子と葵は急速に仲が良くなるが、あることがきっかけに、お互いの環境の違いを意識して溝をつくってしまう。しかし最後にはその溝は超えられるかもしれないという予兆で、この小説は終わっているからだ。溝ができた後で、小夜子が葵のことを少しずつ理解していく過程は、読み応えがある。

 小説中盤(96〜97ページ)で、印象的な場面がある。保育園通いを始めて1カ月がたつ娘のあかりについて、「まだお友達ができない」と愚痴をこぼす小夜子と、それに答える葵の会話だ。

 
「だけど、友達、たくさんできたほうがやっぱりいいじゃない?」耳に届く自分の声は、みっともないくらい切実だった。けれど小夜子は知りたかった。あかりの未来か、自分の選択の成否か、葵の話の行き着く先か、何を知りたいのかは判然としなかったが、しかし知りたかった。

「私はさ、まわりに子どもがいないから、成長過程に及ぼす影響とかそういうのはわかんない、けどさ、ひとりでいるのがこわくなるようなたくさんの友達よりも、ひとりでいてもこわくないと思わせてくれる何かと出会うことのほうが、うんと大事な気が、今になってするんだよね」

 小夜子は正面に座る葵をじっと見詰めた。目の前でぱちんと手をたたかれたみたいに思えた。そうだ、あかりに教えなければならないこと、それは今葵が言ったようなことなんじゃないか、泣きわめくあかりを保育士さんに預け、まだ友達ができないのかとじりじり焦り、迎えにいったあかりから友達の名がひとりも出ないことにまた落胆するのは、何か間違っているのではないか……葵を見つめたまま、小夜子は考えた。

 「ひとりでいるのがこわくなるようなたくさんの友達よりも、ひとりでいてもこわくないと思わせてくれる何か」。いい言葉だと思う。そう思わせてくれる何かを持てた時、はじめて性格や境遇や生活環境を超えた友情が成り立つのかもしれない。
posted by KH at 23:55| Comment(2) | TrackBack(6) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
トラックバックありがとうございました。
「ひとりで立つ」はオトナにとっても
たいへんなことなのかもしれませんね。
Posted by 冬野苺 at 2005年03月21日 11:46
TBありがとうございました☆
返させていただきますね♪

この小説は、考えさせられる小説ですね。
「ひとりでもこわくない」というのは虚勢かもしれないけど、そう思えるような「何か」を見つけることは、大切なのかも、と思います。
Posted by とかげ at 2005年03月25日 06:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

角田 光代『対岸の彼女』
Excerpt: 対岸の彼女 角田 光代 30代、既婚、子持ちの「勝ち犬」小夜子と、独身、子なしの「負け犬」葵。性格も生活環境も全く違う二人の女性の友情は成立するのか!? 「勝ち犬」と「負け犬」の話みたいに..
Weblog: 気まぐれな読書
Tracked: 2005-03-21 09:44

『対岸の彼女』 角田光代 (文藝春秋)
Excerpt: 対岸の彼女 ←こんな本です。 角田光代さんはもともと好きで、芥川賞受賞作であるこの作品はまだ読んでいなかったので、読んでみました。 ハッピーエンドと聞いていたんだけど・・・。 読んでいて、す..
Weblog: とかげの、のほほん読書。
Tracked: 2005-03-25 06:12

「対岸の彼女」
Excerpt: 「私はさ、まわりに子どもがいないから、成長過程に及ぼす影響とかそういうのはわかん
Weblog: COCO2のバスタイム読書
Tracked: 2005-03-26 20:59

「対岸の彼女」角田光代
Excerpt: 平凡な主婦の小夜子、公園デビューも3歳の娘ともどもうまくいかず、 働き出したらすべてが変わるんじゃないだろうか、と考え、義母のいやみに耐えつつ 娘を預け、就職活動する。そして同い年で同じ大学の..
Weblog: 本を読む女。
Tracked: 2005-03-29 22:54

角田光代【対岸の彼女】
Excerpt: 読んだら痛そうだな――と思って、ずっと避けてきた本をようやく読んでみた。 実際、痛い部分もあったけど、角田光代って とにかく巧い のよ。 読み始めるとやめられない。人間..
Weblog: ぱんどら日記
Tracked: 2006-10-19 11:30

「対岸の彼女」角田光代
Excerpt: 第132回直木賞受賞作、「対岸の彼女」を読んだ。     私が角田光代の作品を読むのはこれがはじめて。特にこの作品については前から気になっていたうちの一冊。彼女の文章は読みやすい。ページの割りに、する..
Weblog: りゅうちゃんミストラル
Tracked: 2009-11-17 20:26
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。