2005年04月08日

贅沢な『日本縦断 徒歩の旅』

 四国へ来てからというもの「歩いて旅をしてみたい」という思いを強くしている。

 子どもの頃から旅が好きだった。ただ就職してからは時間が限られ、旅らしい旅をしていない。それがこちらへ来てから多少の自由が効くようになり、旅への欲求が再び出てきたからかもしれない。あるいは「お遍路=四国八十八カ所巡礼」という、徒歩の旅に適した「超ロングトレイル」が自分の住む場所のすぐ近くにあることも、影響しているのかもしれない。

 そんな思いを持ちつつ昨年買ったままになっていた石川文洋『日本縦断 徒歩の旅 ―65歳の挑戦―』(岩波新書)をようやく読んだ。報道カメラマンの石川が、北海道・宗谷岬から沖縄・那覇までを、日本海側経由で約5カ月で歩き通した記録だ。

 感想は一言、「羨ましいなあ」。

 同じ旅行記でも、例えば司馬遼太郎の『街道を歩く』シリーズは、その土地で見たモノ、会った人を描くというより、それをきっかけに歴史や故事にさかのぼることを主眼としている。

 それに対して石川文洋の『日本縦断』は、帯にあるように「ひたすら歩いた日本再発見の記録」だ。元々がカメラマンだから、文章がものすごく巧いわけではない。けれどもその淡々とした、飾らない文章に、かえって好感をもてる。何より通り過ぎていく土地で、おびただしい数の人たちとふれ合っている点が素晴らしい。

 石川は終章、「3300キロを歩き終えて」で、こう書いている。
 
先日、友人から「君すごいことをしたなあ」と言われた。でも、私自身すごいこととはまったく思っていない。なぜなら、のんびりと風景を見ながら楽しい旅をしていたからだ。つらいけど歩き通そうなどの悲壮感は少しもなく、旅館で毎晩旨い料理を食べて酒を飲み、自分だけこんな贅沢な旅をしていて良いのかなあ、と妻に申し訳ないと思っていたぐらいだ。

 この文章を読んで、「そうだろうなあ」と思える人は、間違いなくこの本を楽しめる。けれども逆に「3300キロを歩くなんて、楽しいわけないじゃない」と思ってしまう人は、最初からこの本を手に取らない方がいい。

 出発した7月には73キロだった体重は旅終了後の12月には62.2キロに。血液検査の結果は医師が「完璧です。非の打ちどころがありません。この年齢でこの数字は珍しい」と言うほどだったという。素晴らしい。

 ちなみに、このエントリーを書くためにウェブを調べていて、岩波書店のページの中に、石川がこの旅の中で撮った写真が掲載されているライブラリーがあるのを見つけた。

 石川文洋「日本縦断 徒歩の旅」フォト・ライブラリー

 このライブラリーを見ながら本書を読み進めると、楽しさが増す。
posted by KH at 23:45| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして こんにちは

僕も昨年、日本徒歩縦断をしました。
石川文洋さんのこともその時に知り、石川さんの本を読みながら歩いたりもしました。

僕は、宿には止まらず テントも使わず、野宿をしながらの旅でしたが、歩く旅は本当にすばらしいと心から思っています。
僕の5ヶ月間の日記もWEBで公開しておりますので、ぜひ読んでみてください。
そして、今、新しい旅を続けています。
(車での日本全国ツアーですが)

そして、僕が歩いた後に 女一人旅ということで、ゴミを拾いながら日本徒歩縦断に挑戦中の人も日記をつけ続け、掲示板を賑わしています。

ついつい、共感してしまったもので、コメントを書かせて頂きました。
Posted by フジ at 2005年05月15日 13:33
ホームページアドレスを書き忘れました
http://www.moku.jp


Posted by フジ at 2005年05月15日 13:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。