2005年09月19日

ディテイルが素晴らしい半藤一利の『昭和史 1926-1945』。

 保阪正康の『あの戦争は何だったのか』の後に読み始めたのが、昨年に購入して積ん読状態のままだった半藤一利の『昭和史 1926-1945』(平凡社)だ。

 『あの戦争』が新書で250ページなのに対し、『昭和史』はハードカバーで507ページ。そのボリュームの違いが、そのまま読後感の違いにつながる。

 保阪が歴史教科書のような記述でわずか数ページ、数行で通り過ぎてしまうような事件について、膨大な数の知識の引き出しを持つと思われる半藤は、さまざまなファクトを通して歴史、戦争のディテイルを語り続ける。当時の軍幹部や天皇とその側近たちとの言葉もあれば、永井荷風ら文学者の日記の引用もあり、さらに当時小学生だった著者の回想もある。

 結果として、読者は半藤の講談のよう話を聞いている(読んでいる)うちに、いつのまにか無味乾燥ではない、人間的な昭和史を追体験することになるのだ。

 著者はむすびの章で、「昭和史の二十年が私たちに示した教訓」として5つのことを挙げている。

1.国民的熱狂をつくってはいけない。その国民的熱狂に流されてしまってはいけない。
2.最大の危機において日本人は抽象的な観念論を非常に好み、具体的な理性的な方法論をまったく検討しようとしない。
3.日本型のタコツボ社会における小集団主義の弊害。
4.日本人は、国際社会のなかの日本の位置づけを客観的に把握していなかった
5.何かことが起こったときに、対処療法的な、すぐに成果を求める短兵急の発想をとってしまう。

 読めば分かる通り、この教訓そのものは『あの戦争は何だったのか』の導き出す教訓と、そう差があるわけではない。だが500ページ弱を読むことによって昭和史をより身近に感じ始めた読者は、その教訓がより深く理解できるのだ。

 著者は現在75歳。太平洋戦争を自分の記憶として持つ人たちが次々と鬼籍に入ってしまっているだけに、今後、著者のように実体験も込めつつ昭和史を語れる人は出てこないに違いない。著者の他の著書も読みたいと思うと同時に、「昭和史関連の本で一冊だけ勧めるとすれば、この本だな」と考えた。
posted by KH at 16:25| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。