2005年09月25日

村上春樹『東京奇譚集』

 村上春樹の最新短編集『東京奇譚集』(新潮社)を読んだ。「新潮」の2005年3月号から6月号まで連載された「偶然の旅人」「ハナレイ・ベイ」「どこであれそれが見つかりそうな場所で」「日々移動する腎臓の形をした石」の4短編に、書き下ろしの「品川猿」と加えた短編集だ。

 ストレートに良さを感じたのは、最初の「偶然の旅人」と「ハナレイ・ベイ」だ。「偶然の旅人」は作者(村上春樹)の偶然、作者の知人の偶然の後に、知人が長年疎遠になっていた姉との和解が語られる。

 冒頭に作者そのものが登場するのには、彼の小説に慣れた読者から見れば違和感を持つだろうが、そんなことはすぐに忘れて、小説の風景の中にふっと入り込んでしまう。読み終えた時には、長年連絡を取っていなかった誰かに電話しようかと考えてしまうような、ほのかな暖かみを感じる作品だ。

 「ハナレイ・ベイ」は息子を19歳の時に、サーフィン中の事故で亡くした母親の「乾いた悲しみ」が主題だ。能天気な日本人サーファー2人組には見えるのに、自分には見ることのできない「息子の幽霊」を探すくだりが印象的だ。

 後の3編も含め、とにかく「うまいなあ」と思う。僕から見た短編集の評価としては、短編集としては前作に当たる『神の子どもたちはみな踊る』の方が若干、良いのだけれど。ちなみに、「日々移動する腎臓の形をした石」は『紙の子ども』の中にある「蜂蜜パイ」の後日談とも、前日談とも言える作品だ。

 読者に、とりあえず「まあ、読んでみるか」と思わせ、ひととき、比喩に充ちたスマートな会話を楽しませ、終わった時には何かを感じさせている。その芸は見事だと思う。だからといって、作品から明確な意味をつかみとれるわけではない。しばらく経つと、また読みたくなってしまう。その意味で、村上春樹の戦略に、僕らは見事にはまっているのだ。

 「偶然の旅人」を読んでいる間に、チャールズ・ディケンズの『荒涼館』を読みたくなった(他にもそういう人は多いはず)。幸い、僕の家には既に品切れになっているらしい、ちくま文庫判がほこりをかぶっていたので、4冊全部を取り出してきた。作中に出てくる小説を読みたくなってしまうのも、村上春樹の小説の効用の、あるいは困ったことの1つだ。
posted by KH at 23:53| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
始めまして。
村上春樹氏が好きです。

「東京奇譚集」をようやく読み終えました。
検索で辿り着きました。
又、時々訪問させて頂きます。
Posted by noritan at 2005年11月17日 05:50
始めまして。
村上春樹氏が好きです。

「東京奇譚集」をようやく読み終えました。
検索で辿り着きました。
又、時々訪問させて頂きます。
Posted by noritan at 2005年11月17日 05:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/7315584

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。